ボート保管初期費用

 

 無線/安全対策京福マリン加斗マリーナのボート保管にかかる初期費用で最初に必要になるものは入会金です。入会金にはマリーナ会員入会金と無線会員入会金の2つがあります。

 

無線/安全対策

 

 入会金マリーナ会員入会金は100.000円(税別)、無線会員入会金は35.000円(税別)です。入会金は保管初年度にのみ必要です。尚、途中退会の返金制度はございません。

 

 初期費用二番目にに必要になるのが年間保管料金です。年間保管料金は1年分の前払いとなります。保管期間は保管発生月日より1年間です。途中退会の場合には入会金と同様に返金制度はありません。

 

 初期費用三番目に必要になるのが陸置保管の船台です。京福マリン加斗マリーナではクレーンよるボート揚降ですから、船台が海中に没することはありません。また、ボート移動はマリンフォークリフトで行いますので、船台車輪は必要ありません。故に、船台は安価にてご提供できます。ただ、フォークリフトでボートを船台ごと抱き上げますので、それなりの強度が必要となります。船台の持ち込みを希望される場合には事前にご確認ください。

 

 以上が京福マリン加斗マリーナのボート保管にかかる初期費用です。

 
 

初期費用

 

 初期費用京福マリン加斗マリーナでボート(新品、中古)をお求めになられる場合にはボート代金(新品、中古)が加わります。中古ボートは代金内容が分かり易いですが、新艇(新品ボート)の場合には代金内容が分かり辛く最終見積もりで、え!そんなにかかるの?なんてことも。

 

 基本的に表示新艇価格は艇体と搭載エンジン価格です。その他の装備はオプション扱いとなり、装備品価格+工料が加算されます。これ付けて、あれ付けて、それから○×▽・・・で提示された見積書見て、え!てなことも。

 

 そこで、京福マリン加斗マリーナが販売する新艇(京福マリンバージョン艇)はGPS魚探等々の装備を含んだ価格を明示しています。何かと分かり辛いボート初期費用を簡単に把握でき、単なる新艇価格比較ではなく、装備込価格での比較が容易です。

 
トップへ戻る