ボート保管一覧

 ボート揚降はクレーンで保管艇の大きさが20〜25ftですから揚降はスピーディ、 揚降作業は日の出とともに開始、 海が穏やかな季節には前日に下架、浮き桟橋に係留します。 クレーン揚降は船台を海中に沈めない、船台に優しい揚降です。

 保管料金はとってもリーズナブル年間保管料金には年間揚降料金も含まれるボートフィッシング応援価格です。 出艇毎費用は燃料費のみ若狭湾は魚種が豊富、四季を通して色々なゲームフィッシングが楽しめます。 そして厳冬期を除き、海が比較的穏やかです。20〜23ftクラス艇(搭載馬力40〜70馬力)で十分楽しめます。最新の4ストローク船外機は驚くほどの省燃費です。一日遊んで10g使ったかな〜なんて日もあります...

 入会金(入会初年度のみ)京福マリン加斗マリーナのボート保管にかかる初期費用で最初に必要になるものは入会金です。入会金にはマリーナ会員入会金と無線会員入会金の2つがあります。マリーナ会員入会金は100.000円(税別)、無線会員入会金は35.000円(税別)です。途中退会の返金制度はありません。無線システムは漁業無線局を主局し、特別な資格なしにて扱えます。保安庁への直接コール等々も可能。 初年度保...

 一番重要なボート維持費勢いでボートは買えますが、勢いだけではボート維持はできません。 せっかくボート買ったのにこんなにかかるなんて〜 ことにならないように。

 京福マリン加斗マリーナは保管ボートメンバー様への附帯サービスを情報、船舶検査、メンテナンス、各種艤装、エンジン換装そしての〜んびりできる海辺レンタルコテージまで各種用意しています。

 京福マリン加斗マリーナのボート保管(マリーナ)施設は若狭湾国定公園内です。 前面の海には蒼島(あおしま)暖地性植物群落として国の天然記念物に指定された蒼島(あおしま)を望みます。マリーナ横を流れる小川にはカワセミが舞い、春にはイサザ(白魚)が溯上します。山が迫り周りは田畑、見上げる夜空には満天の星が輝きます。都会的なものは何一つない、自然に包み込まれたマリーナです。 フィッシングフィールドは日本...

トップへ戻る